人から指摘されることって、だんだん少なくなる気がする。

小さい頃は親や先生とか、それこそ友達からも色々と「あ~した方がいい」「こ~した方がいい」と言われたことがあった。

大人になるにつれ「自分で解決できるだろ?」という気持ちかは分からないが、他の人からきちんと指摘されることが少なくなった。

 

指摘というのは必ずしもいいことばかりではなく、腹が立つこともある。

まったく的外れなことを言ってきたり、俺のことを理解していないのに好き勝手なことを言ってきたり・・・。

そう考えると『うっさいな~』と思ってしまうこともw

 

ただ、どんなに的外れと思っても、その指摘は俺自身では出てこなかった考え。

自分だけで考えていると限界があるし、友達と話しても、それはそれでやはり”いつもの考え”の範疇を超えないことが多そう。

そんな中、何であれ指摘されるというのは、俺だけでは出にくいありがたい考えと捉えることが大事な気がする。

 

また、元々自分が思っていたことを指摘されると『知ってるよ!もう色々考えているよ!』と反発してしまうこともある。

ただ、それこそ自分が思っていたことをしっかり言葉として伝えてくれる指摘は貴重なんだよな。

 

”耳の痛い言葉こそしっかり聞け”

 

さらに人から言われるまでもなく自分でできることが、自分に疑問を持つこと。

まあ、面倒だけど(^^ゞ

 

それなりに確実なことであれば、同じことをずっとやっていれば楽だし、失敗せずにやり続けることもできるだろう。

が、それでは成長しない。

今まで結果が出ていたものを少しでも変えると大失敗したり、元に戻れなくなったりもするだろう。

ただ、その挑戦をしないとその先の成長は無いだろう。

 

その挑戦が合っているのか?外れているのか?もすぐには出ないし、大変なことになるかも知れないが、気にかかるのであればやってしまえ!

成長しなかればじり貧になって身動きできなくなるだけかも?

 

というわけで、2022年に向けてすでに新しいことにチャレンジし始めてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください