電話をしながらタバコを吸おうと、いつもと違った場所に行く。

横断歩道を渡る時に、さっき帰ったはずの女子がいる。

『あれ?』と思ったが、向こうも俺に気づいたか微妙だったし、広い横断歩道の端と端ですれ違ったので声もかけず。

 

とりま俺は喫煙所で一服して『戻ろうか?』なんて考えてたら、さっきの女子が男と話してる。

その男子は女子よりか遅れて帰っていったはずなのに…。

 

 

『あっ!』と思った俺は、横断歩道に戻るのをやめたんだが、それだけでは足りないことに…

 

そう、2人がこっちに来る!

男子もタバコ吸うから間違いなく俺の方へ来る((( ;゚Д゚)))

 

というわけで、行きたくもない反対側に俺は歩き始めることに…。

 

そして、反対側に歩くも、ゆうに500mはいかないと反対車線に渡る横断歩道が無いので、ひたすら逃げるように俺は歩く。

『まあ、2人は喫煙所から元の横断歩道に戻るべ?しかし、うっすらそんな気はしてたが見ちゃったなあ。そして遠回りは面倒だなぁ』と500m先の横断歩道にやっとたどり着く。

しかも間の悪いことに“赤”になった瞬間。

 

『長いなぁ~。もし、2人があのままこっちに来たら追いつかれるんじゃね?まあ、大丈夫だと思うが。』と何気なく後ろを見たら暗かったんだが男の影が見える…

その影が女子を連れてるような…

 

 

歩いてくるジャンか!

しかも、隣にいる女子の笑い声も聞こえる!

すかさず信号を見ると、ギリ渡れるタイミング!←察してw

 

走るとバレるので、なるべく早く歩く!

決して後ろを見ずに武田信玄の軍隊のように、ただひたすら前に進む!

 

次に選んだ道はさすがに来なかったと思うが、何で俺は真っ直ぐに家に帰れないんだ…???ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!

 

 

俺、こういうとこあんだよなあ。

知らなくていいことを知ってしまう、みたいな。

ま、このブログからバレるようなことも無いし、口は固いんで誰にも言わないんだが…。

 

 

何がアホって、

  • 妻子ある男が…というのが1点目
  • 誰かに会いそうな近場で…というのが2点目

というとこ。

 

バカなのかな?

 

そして、俺はというと当初の電話が繋がらなかったので、一体何のためにあの場所へ行ったか分からなくなるわ…Oo。ーy(ーー)

 

さ、俺は俺のやるべきことやろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA