台風も衆議院の投票しに来ちゃった今日、少しでも被害が少ないことを願いつつ・・・

先週はFAKE STARで今年3回目のLIVEだった。

今回は公私共に色々なことがあって、おかげでステディに臨めたLIVE。
家でBassを弾いて最終確認後、15時にLIVE HOUSEに到着。
1Fの楽屋も人が少なく落ち着いて準備をする。

そんな中、1BAND目:ST4のBassさんが声をかけてくれた。

Bassさん「車ですか?」
俺「いえ、違いますよ」
Bassさん「良かったらBEER飲みます?」
俺「え!?悪くないですか?」
Bassさん「いやいや全然そんなことないですよ。良かったらどうぞ」
俺「あ、ありがとうございます!」

なぜ、俺がBEER好きと分かったのだろう?w
ということもあり、ST4さんを観に3FのLIVE HOUSEへ。
Bassさんの音が良かったのが若干プレッシャーになるもw、2曲目でDrumさんがセンターで歌を歌うという面白い展開で楽しかった!

そしてメンバーも揃い2Fで16:30~リハ。
”つるみ音楽まつり”はスタジオが併設されているLIVE HOUSEでやるので、毎年当日にスタジオリハをやっている。
今回のリハは曲の繋がりを一番意識したのだが、全曲通してメンバーそれぞれが集中して演奏。
結果、BANDのまとまり感が凄かった。
ただし、集中し過ぎて疲れた感じもあったがw

リハ終わってすぐに”REAL TIME BAND”を観る。
毎年打ち上げでは絡ませてもらってるがw、LIVEを落ち着いて観ることができない時間帯だったので、今年は速攻駆けつける。
観れて良かった!
本当はそんなこんなも打ち上げで話せれば良かったのだが、今年は俺が打ち上げに出られなくて・・・(^-^;

そして昨年出られなかった”Smokin’ Quartet”!
2年ぶりのLIVEは、メンバー全員凄く楽しそうでw
観てる俺らも楽しくなりました!
やっぱ”Smokin’ Quartet”がいると、”つるみ音楽まつり”は締まる!

そして、俺らの出番。
昨年に引き続き今年もLINE LIVEで生中継のためSTAGE下手にスマホを置く。
LINE LIVE→FAKE STAR LIVE@2017 つるみ音楽まつり

今年はサウンドチェックのリハに参加できなかったので本番前の少しの時間でPAの人とチェックし速攻(STAGE)中音作り。
そんな様子もLINE LIVEだと観れます♪

てか、何の問題も無かったw
PAの人ありがとうございます!mm
ISIIちゃんだけ他のメンバーの音が聞こえなかったみたいだが(^-^;

そして、毎年恒例のBAND紹介をするマビーンさん(←AREA:おとうとさん風の呼び方w)のMCがまた格好良い!

「そのままいっちゃっていいんじゃねえか?という勢いを感じたんですけど・・・、FAKE STARのみなさんです!よろしくおねがいします!」という最高のSEからLIVE START!

KAMIと俺がISHIIちゃんの方を向き準備OK!
ISHIIちゃんがOPEN HATで4カウントを打つ!

1.Believe

イントロで熱くなり過ぎず手綱を絞った状態で。
今回の俺のテーマは”曲に合わせて踊る”
そのために前日、布袋さんのDVDを観て原点に戻ろうとした。
”人のためだけにやるのではなく、自分のために、家族のために・・・”

1A、引き続きステディに。それでいて音に身を任せ。
1B、TOMOYUKIが積極的に前に出る
ブリッジ~2Aも音に身を任せつつも冷静に。
2B、ISHIIちゃんともCommunicationを取りBAND全体を1つに。

『うん、何かいい。みんな冷静でありつつもFAKE STARとしてしっかり気持ちが入ってる。
ISHIIちゃんの本番に強いタイトなDrum。
TOMOYUKIの重たく厚みのあるGuitar。
KAMIの特徴あるMidな声質と最高のStaging。』

Believeだけじゃないが、今回のLIVEメンバーそれぞれが視線を交わさなかったとしても、音はもちろん気持ちでもCommunicationを取っていて今まで以上に意識が1つになったLIVEだった。

Guitar soloラストで俺は”布袋バウアー”をやり、Half beatのサビへ。
『あれ?KAMIが寄ってくる。これは蹴りのインパクトを強める気だな♪よしっ!最高の蹴りを見せつけてやろうじゃないか!あ、あ、あれ?タイミングちょっと早かったみたい、俺・・・』
(以上、武士道シックスティーンのように心の動きを描写してみた♪)

照れ臭さを隠すために前に出て、大サビの途中で定位置に戻るw
そして、LIVE開始時から感じてたが、目の前で観てくれた2人がすげえノリ良くて♪
本当、メッチャ心強いし勢いに乗れるんだよな。本当にありがとうです!

KAMIが「STARRY~~~!」と叫び
2.STARRY
そのままの勢いで2曲目STARRYも前に出て弾く。
1AでKAMIとTOMOYUKIが素敵な絡みを見せれば、2Aで俺は”布袋ステップ”を。
そして、コーラス。

魂が、想いが、
夜空に飛んでいってくれたよ・・・

2AではTOMOYUKIの方に向かいアイツと絡むかと思わせてからのスルー
メンバーにもSTAGE上でFAKEしてる俺w

KAMIの煽り気味の格好良い2B終わり~2サビ~Guitar soloと曲は続き・・・

DelayがかからなかったのでHalf beat 2回転目に急遽かけ直してからのアップテンポ部分へ。
KAMIと俺の華麗な1回転からのラスト
フロント3人が前に出れば、Audienceがみんなサビに合わせて手を挙げてくれて、メッチャ気持ち良かった!
最後のコーラスは史上最高に伸ばしちまったぜ!
正直、この2曲でLIVE終わっても良かったくらい満足w

そして、1回目のMCから・・・

3.LOVE YOU ONLY
7月のLIVEでもやったけど、みんなと一緒に盛り上がれるので
てか、この曲、声のKey取れなひ・・・w

それはともかく、みんなで「Only You~♪」と歌った後に

4.Jump
はい、Bassから
もはや気分はすっかりでき上がってたが、直したばかりの足元のSansのON/OFFをしっかり意識しイントロを弾く
Bメロ終わりのお決まりの”布袋膝上げ”は、もちろん”90度の角度”を意識しサビ~Bassソロへ
そして、2Aで今度はFAKEでなくREALにTOMOYUKIと絡むも、アイツの機材のスイッチングが分からないので視線で『無理!戻って来い!』と訴えてTOMOYUKIをダッシュで戻させGuitar Soloに間に合わせたw
と、休む間も無く3B終わりに”布袋膝上げ”をやっていたらKAMIが”氷室膝上げ”をしながら俺の方へ!(@@)
その間、Audienceも最高の笑顔で一緒にノッてくれてて。
感謝しっ放しだし、最高に楽しかったぜ!

KAMIの格好良くも笑いを取りぃの2回目のMCから・・・

「NO!!!~~~~~~~!」とKAMIのShoutで
5.NO!!!
フロントマン3人が飛んだ時にちょっとした事件が!(@@)
ま、それを感じさせない素敵なリカバリーを見せる3人w

そして、最後の
6.KAGEROU
ISHIIちゃんの熱く激しいDrumming、TOMOYUKIの綺麗で深みのあるGuitar Solo、KAMIと俺のセンターでの絡み・・・

色々あったが、本当にAudience、Staff、みなさんのおかげで最高に楽しくも切なくも素敵なLIVEをやらせてもらえました!
心から感謝ですm(__)m


We are FAKE STAR!

Vo:KAMI

Gu:TOMOYUKI

Ba:TOMO

Dr:ISHII

STAFF:DAK-KANE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA