今回は電車の中での話ではなく、“車”について書いてみよう。

みんなは教習所で、どう習ったかな?

「左折する時は、自転車やバイクが入ってこないように左に車を寄せて曲がってください。」

と、恐らく教わったはず。
で、実際見ると、まあ半分以上?が左折する時に、
“右にふくらんでから左折”してるよな。

中央線が無い道の交差点とか目も当てられないことが良く起きてる。

左折したい車:右にふくらんでる←道の真ん中にいる

右折したい車:右にふくらんでる車がいるから右折できない

左折したい車は右にふくらんじゃってるから、左折しようにも右折したい車が邪魔で左折できない

アホかw

結論、左折時はきちんと左に寄ってから左折すれば、右折したい車がいようが、きちんと曲がれる。
だから、右折したい車も普通に右折できる。

では、車1台分の道は?
同じです。
左に寄ってから左折しましょう。

およそ、日本の道はしっかりできていて、右にふくらんでからしか左折できないのは、サーキットの左コーナーか、余程下町の細い道くらいしか無いはず。

ほとんどの道は、きちんと車1台が左折できるようにできています。

「ちょ、何言ってるか分かんない」←サンドウィッチマン風、ということであれば、タクシーを見習ってくださひ。

90%のタクシーは、左折時にきちんと左に寄って曲がります。
寄らないと二種免許取れないそうです。

普通の車の免許は左に寄らないと減点にはなっても、免許は取れるからな。

左折する時に右にふくらむと、
・既述の交差点での左折も右折もできない渋滞
・バイクやチャリが側方通過し巻き込み事故
・(2車線の場合)右側の車線への影響
等々、ちゃんと左折してれば起きないはずのことが、ここ最近増えた気がする。

2車線の右車線を走ってて、前を行く車が左ウィンカー出しながら右にふくらむって、けっこうビビるから。
てか、腹立つ…Oo。ーy(ーー)

というわけで「左折できない奴は、車乗るな」キャンペーンくらいしたいと思う次第でありんすmm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA