某ともちゃんや、某す~など色々アドバイスもらい、ありがとやんしたmm

そもそも今回ノーパソ、ノートパソコン選びをするようになったのは、『iPad AiriPad miniでできる!』と思ってたことがダメだったのと、Surfaceに興味があったから。

Surface pro 4

Surfaceが出た時から興味があり、『機会があったら買おう!』と思っていた。
2 in 1好きというか、昔から”一石二鳥”みたいなことが好きだからな。
とはいえ、Microsoftが本格的にハードを作成したことにも純粋に興味があった。
色々調べていると、価格の割にスペックが高かったり、Microsoft純正ハードなので安心感あったり、心は90% Surface 4に傾く。
しかも12/31までは、16,000円くらいするタイプカバーが無料!
タブレットとしてiPadみたいに、そしてノートパソコンとしても使える!
『本体価格のみで買えるこの時期に買おうとしている俺はタイミングいいっ!』と、あとは実際に触って再確認することに。

Surface pro 4を調べるうちに、ひとまず希望のスペックについて把握。
CPU:core i5
メモリ:8GB
SSD:128~256GB
↑これ必須。最悪メモリは4GBでもいいか、と。

で、まあ安くSurface4を買おうとするわけです。
が、他のノートパソコンとかと違い、Microsoftの縛りもあり、どこも価格はそんな大差無い。
そして、俺が最も信頼している”ビックカメラ”の池袋パソコン館に行くと、”2万円引き”キャンペーンが!!!

152,573円(ペン+キーボード付)-20,000円
CPU:core i5 / メモリ:8GB / SSD:256GB
Microsoft office付
※12月中旬の情報。今は、ちょっと違うみたい。
あと、Surface4はカスタマイズできないから、メモリ8GB+SSD 128GBという組み合わせは無し。
メモリ4GB+SSD128GBか、メモリ8GB+256GBのみ。

けど、調べる中で以下の2点が懸念点に。
1.電車の中で良く見るような”腿の上に置いて使いにくい”
2.バッテリー交換できない。かつ、Surface3で、バッテリー劣化で困った人がいた。
※後日横浜のヨドバシで検証したところ、腿の上に置いてSuface使えた。
 というか、むしろキーボード部分が熱くないから、ノートパソコンよりか使いやすい。
 懸念のディスプレイも問題無く立ったし倒れることも無かった。

そして、ついでにビックカメラの店員にノートパソコンの情報を聞くと、信頼性=丈夫(耐久性)が高いのが、

Let’s note(Panasonic) > VAIO(SONY) > others・・・
といった感じだそうです。
ただ、othersといえども、Lenovoも信頼性高いし、Mouseコンピューターも日本製なので信頼感はあるそうです。

というわけで、元々考えていた『同じくらいの値段で、もっと良いスペックのノートパソコンあんじゃね?』という気持ちが膨らむ。
というか、Surface4の対抗馬としては、PanasonicのLet’s noteを考えていたんだけど。

Let’s note

Let’s noteは前に使ったことがあり、”バッテリーの持ち”が最高!
Let’s noteの後に使ったdynabookは、Let’s noteの3分の1=4時間くらいしかバッテリーが持たなくてひどい目にあった。

dynabook

ただ、やはりLet’s noteは高いw
予算内ではあるが、できればSurface4と同じくらいの価格が無いか?ということと、やはりSurface4と比べると面白味にかける・・・。
普通のノートパソコンだからね。

で、また少し調べてみたら、↓を発見!!!
Lenovo YOGA 710

偶然見つけたのだが、価格が10万円、
CPU:Corei5(しかも第7世代)
メモリ:8GB
SSD:256GB
そして、バッテリー稼働時間が”約 11.0時間

しかも、コンパーチブルPCということで360度ディスプレイが回転♪
という、おもしろい作り。

『よしっ、実機を確認しに行こう!』と、横浜のヨドバシへ。
ま、普通に無いですね・・・。
で、最新機のLenovo YOGA 900を確認。

この手のパソコンはディスプレイとキーボードの接合部分が壊れやすいのでは?と思うので聞いてみたところ、
ヨドバシにいたLenovo担当曰く「はい、ざらにありますよ!」
「えっ?そんなに壊れるんですか?」
「はい、この接続部分の端っこの方から壊れるんですよ」
「え~、他の機種とかより壊れやすいんですか?」
「まあ、良く壊れるという情報はありますね」
「・・・。普通に使っていれば壊れないですよね?」
「どうですかねえ?タブレットのように裏っ返しにして使ってると、本来のノートパソコンの強度が無いので、落としたりして壊すケースが多いですね。」
「じゃあ、普通にノートパソコンの形であればそんなでも無いですよね?」
「う~ん・・・。」

何じゃそら~~~!
の前に、YOGAの変形については、以下ページで確認できますmm

Lenovo YOGA 900S

んで、話戻すと、ヨドバシのLenovo担当に呆れつつ、ビックカメラに向かう。
だが、横浜のビックカメラには無かった。
まあ、型落ちだしな。

で、その日はLIVEだったので、次の日に改めて秋葉原のヨドバシへ。
が、そこでも無い・・・。
『こりゃ、やっぱSurface 4かな?』と思ったのだが、YOGAの流れでLenovoコーナーへ。

秋葉原のLenovo担当は素晴らしい方で、色々説明してくれた!
そして、候補になったのが”ThinkPad”

実は俺が初めて自分のパソコンを持ったのも”ThinkPad”

その当時やっていたBANDに、嘘か本当か知らんがGLAYさんからDVD送ってくれたという話で、DVDプレーヤーを持ってなかった俺はノートパソコンを持ったわけだ。
当時のThinkPadはIBMのものだったが、その後中国のLenovoに売却。
けど、ThinkPadは米沢ブランドがあり、日本製のものがある。
そして、アメリカ軍の耐久テストをクリアした剛性を売りにしているとのこと。
Lenovoは、ビックカメラ等の量販店でもLenovoの直販扱いでカスタマイズできるのだが、そのカスタマイズの幅が他のメーカーよりか細かくできるのもメリット♪

『こりゃ、ThinkPadだ!』と、すっかり心変わりした俺は、希望のスペックに絞りヨドバシから提示された価格と、Lenovo直販と、信頼している”ビックカメラ”で比較。

選択した機種は”ThinkPad 13”
ヨドバシだと、メモリ4GB→8GB、SSDを128GB→256GBにアップすると3万円くらい上がり12~13万円くらい。
Surface pro 4と同じくらいの価格でスペック上がるから良いのだが、ダメ元でビックカメラに電話問い合わせ。
実は秋葉原から池袋に移動中で、新宿と池袋の2店舗に電話確認。
担当が調べて折り返してくれるということだが、池袋パソコン館さすが!

ThinkPad 13
10万円切りました♪\(^o^)/

ヨドバシよりか安いっ!
そして、Lenovo直販よりも安いっ♪
Lenovo直販もけっこう安いんだけど、個人で買うのと違い、店舗独自の割引があるためビックカメラは安かったみたい。
ちなみに電話or直接交渉するといいですよ。
ビックカメラのネットも違う料金だと思うので。

ビックカメラ池袋パソコン館のLenovo担当の人も素敵でした♪
色々説明してくれて、あれこれ工夫してくれて納期最短、かつ希望のスペックで一番安い価格で売ってくれました!

ってか、1週間前にSurface4を見た店ジャンw
しかも、YOGA 710の実機もあったしw
これで益々ビックカメラ好きになりました。

ちなみに、ビックカメラで働いていた人を俺は知ってるんだが、研修がハンパ無いんだと。
それで商品知識だけでなく、接客、店舗案内等々素晴らしいんだね、ビックカメラは!

■購入内容
ThinkPad 13 98,658円(税込み)
CPU:Core i5-6200U(2.3GHz,3MB)
OS:Windows 10 Home 64bit
メモリ:8GB(4GB+4GB 2スロット使用)
SSD:256GB
指紋センサー有
バッテリー稼働時間:最大 約11.1時間
ディスプレイ:13.3インチ(HD)
1年間引き取り保証
あ、もちろんoffice premium付

FHDにしなかったのは、最短予定日が”未定”となるから。
ちなみにHDでも、メモリの在庫が無くて2月になりそうとのこと。
一応画面上では1/9頃と出るのでFHDは諦めた。
価格はFHDにしても1,000円くらいしか上がらず10万円は切ったのだがね。

いやあ、本当満足できる会心の一撃の買い物ができた!
予定外の剛性、それなりのスペックでありながら10万円を切る価格。

パソコンはスマホと違い、機種だけでも色々あるのに、スペックの組み合わせがメッチャあり難しい買い物だった・・・。
でも、本当後悔無いな♪

余談だが、VAIOを今回選ばなかったのは、バッテリー稼働時間だな。
俺が理想とした価格帯だと6時間くらいだった気がする。

あとは実際に来て使用感を気が向いたら伝えます♪(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA