この春はずっと海外ドラマの”SUITS”を観ていた。

https://www.hulu.jp/suits

 

元々鈴木保奈美さんと織田裕二さんが”東京ラブストーリー”以来の共演ということで話題になったので、その時日本版を観た。

これがけっこうおもしろくて、失礼ながら『途中で観るのやめるだろうな?』と思っていたけど、コロナ禍で中断しながら放送されたシーズン2も観てしまったw

ちなみに、日本版のキャスティングはオリジナルのアメリカ版を忠実に再現していて驚いた!

鈴木保奈美さんだけは、ちょっと違うけどw

 

そのオリジナル版の”SUITS”がhuluでやっていたので観始めたら、なんと!シーズン9まであるという!(@@)

そりゃ海外ドラマだもんね(^^ゞ

という”観なくちゃいけない”プレッシャーが嫌なので海外ドラマは避けてきたのだが、”SUITS”はまったく別!

 

メチャクチャ面白い!&英語の勉強にもなるw

合計100話以上あるのだが、2ヶ月くらいで全部観終わった!

挙げ句の果てに主人公のハーヴィー・スペクターが飲んでいるマッカランも買ってしまったわw

 

  • いつも言い争いしている
  • 皮肉がすごい
  • 本当に悪い時はきちんと「I’m sorry」
  • 察する能力がすごい
  • 人間としての成長

というのが、印象に残ったポイント。

 

言い争いはたしかにしているのだが、自分の考えがしっかりあるからこそ”自分の意見をしっかり伝えている” ことが原因。

これは、どちらかというと俺が望む世界。

1つの事柄を考える時、色々な意見が出て議論した方がより確かな方法を決められる。

ダイヤモンドを磨けるのはダイヤモンドしか無いように、本当に確かな方法や考えとするなら、とことん議論すべき。

日本だとそれやると黙ってしまう人多いよね?

挙げ句、強い意見を言った方がパワハラしてるように受け取られるし。

ドラマだしオーバーではあるが、元々アメリカとか海外は簡単に謝る文化ではなく、まずはきちんと自分の意見を伝える文化なので、うらやましいと思いながら観ていたわ。

 

そして、皮肉。

”SUITS”だからこそかも知れないが、皮肉の応酬がすごい!w

テンポも速く、それこそ皮肉に対してさらに皮肉で返して、それを聞いていたもう1人も皮肉で応酬、みたいな感じでおもしろい!w

また、ワードセンスが最高にCOOL!

もちろん翻訳されている日本語もすごいのだが、俺でも少しは理解できる英語(米語)自体がすごくおもしろい!

英語オリジナルのウィット感は分かりにくい気がしてたが、本当にこのドラマは笑うべきところで笑える!

 

やり取りが激しくて、時には手が出る時もあってハラハラする感じは多いのだが、謝る時はしっかり謝る。

むしろ、散々言い争いした後だから謝罪も本気でしてるし、受け入れる側も謝っている。

中途半端に謝っていないから気持ちが伝わる気がする。

とはいえ、じゃあそんなに何度もぶつかるなよ!とも思うけどw

 

そして、これは”アベンジャーズ”の時も感じたが、日本人より相手の気持ちを察した行動が多い気がする。

俺が無知なだけだろうけど、アメリカの映画やドラマといえば「ドカーンッ!」「バーンッ!」みたいな”派手なやり取りで終わり”みたいなイメージが強く、あまり人の心の機微は表現されないイメージだった。

けど、全然そんなことはなく、『そんなに相手に気を使っているんだ?素敵だなぁ』と思うところが多々あった!

素敵なコミュニケーション!

 

最後は人の成長。

言い争いが多いだけあって、キレやすい登場人物が目立つドラマ。

ただ、そんなキレやすい自分と苦労しながらも向き合い、結果、相手を思いやる言葉をまずかけるようになって、コミュニケーションが円滑になっていく。

というのも、元々それぞれ相手をリスペクトし、離れたくないと思っているからだが、自分のプライドや悔しさを先に考えてしまい、思わず相手を罵倒してしまう。

 

俺もといったらなんだが、気持ちは分かるな。

自分のプライドといっても、誰かのために協力して動いているのに相手がミスをしたとか、悪いことをやっているとしたら強く言ってしまう。

 

ただ、本当に相手とうまく協力して動くためには罵倒から入ってはダメ。

今の時代当然ちゃ当然だが、俺はすごく反省させられるドラマでもあった。

”相手を好きだからこそ”、表現方法を工夫しないと。

けど、自分の悔しさはどうすりゃいいの?

誰か教えてw

 

というわけで、1話完結でもありつつ継続している内容も背景にずっとあるので、『次はどうなる?』と、どんどん観てしまったw

あと、美人さんをこれでもかっ!て数多く出演させているのもすごいw

”白い巨塔”を彷彿させる主役2人の対極的な考えなども面白いし。

 

そこで俺は“インターネット界のマイク・ロスになる!”と決めたけどね♪

「何それ?」という人は、ぜひ観てみてください♪

 

今までの日本ではあまり感じない人種差別問題や宗教に対する考え方の違いなども取り上げられていて、これから日本で起き得る問題の参考にもなりそう。

エンディングも納得できるものだったし、本当何から何まで・・・

 

いや、1つだけスコッティにはもっと出演して欲しかったなw

アビゲイル・スペンサーという方だそうです。

http://www.suits-tv.jp/sp/cast/othercast1.html

俺の知り合いがそっくり?だったので、もっと出て欲しかったw

 

というわけで、9シーズン全部観終わったのだが、すぐに2回転目を観始めている俺w

やることいっぱいあるからドラマばっか観てられないんだが、初めてこんなにドラマにハマった!

2011~2019年のドラマということもあり、余計観やすかったのかも?

いいのか悪いのか?(^^ゞ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください