もはや毎日ひどい状況になっているので、やはりこのネタ。

そして、ちょっと危機感を持って。

現状、ヨーロッパがひどいことになっている。

が!

数か月後、1、2年後は、日本がこのままだとひどいことになるのか?

 

というのも、

”人間に免疫をつけなくてはいけない”

ということは、

たしかに亡くなる方がいるのは避けるべきことなのだが、

”オーバーシュート=免疫を持つ人が多くなる”

そこで、

ヨーロッパで一通り新型コロナが落ち着いた時、日本が今みたいにしょぼしょぼ新型コロナが蔓延していた場合を考えてみた。

 

  • 日本:免疫持つ人が少ない
  • 海外:免疫持つ人ばかり

という状況でオリンピックが来年開かれた場合、”免疫を持っている新型コロナ恐くない人たち”が多数日本に来て、新型コロナを撒き散らしていく。

それを迎え撃つ日本人は、免疫が無くオーバーシュート・・・。

 

もちろん、その頃までにはワクチンが開発されている、という話もあるが、果たして万人単位のワクチンを用意できるのだろうか?

たとえ用意できたとしても、医療機関に患者が殺到したら、対処できないのでは?

その横では、海外の人たちは平気な顔して日本を歩き回っている。

ということにはならないだろうか?

 

オリンピックだけでなく、海外は新型コロナを克服しているから経済活動も復活。

欧米や中国、韓国は世界中で経済活動をしている中、日本人(日本にいる人)だけは、新型コロナの免疫を持っていないから経済活動ができず・・・。

なんてことにならないだろうか?

 

とはいえ、今ここでオーバーシュートを日本で発生させるわけにはいかない。

では、どうしたらいいか?

 

  • 高齢者と持病を持つ人
  • 若者や軽症で済みそうな人

この隔離をすればいいのでは無いだろうか?

 

今の問題は軽症で済む人たちが新型コロナを保菌していることを知らずに日本中をうろちょろし、重症化する可能性がある高齢者等を苦しめているわけでしょ?

であれば、重症化しそうな人を徹底的に守る(隔離)ことを前提に、軽症で済む人たちは先に免疫を持たせた方がいいのでは?とも思った。

 

中国や韓国が新型コロナのピークが過ぎたというのは、実はこの軽症で済む人たちが多くなってきたからでは無いのかな?

蔓延初期からオーバーシュートまでは検査する人も爆発的に増えるけど、そもそも検査できない人、検査しない人もいただろうし。

それに軽症の人は、自分がかかっていることにも気づかない、ということもあるらしいし。

 

とすると、中国や韓国は、いやヨーロッパもだろうけど、何万人という数字以上に新型コロナに感染した人もいるだろう。

とすると、中国や韓国も、まだ実際の感染者は増えているが、軽症の人が多いので感染者の数に入らない。

で、知らないうちに免疫を持つ人が多くなっていて、数か月後には新型コロナを恐れなくて済むようになる。

 

イギリスのジョンソン首相が当初やろうとした施策ですな。

「実は日本の政府は、水面下でこの計画を実施しているので、PCR検査を広めないのでは?」という話があったけど、それは無さそう。

ただ、収束した時にこの案をこれみよがしに「元々そういうつもりだった」とは言いそうだがw

 

もし水面下でやるにしても、根拠無き一斉休校や再開、政府自身が責任を負わない自治体任せの右往左往っぷりはしないはず。

ヨーロッパやアメリカの拡大を受け、海外の真似をするしか無い政府は、無能以外の何物でもないw

 

今回素晴らしかったのは、今のところ和歌山県知事と北海道知事、大阪府知事くらいではないのかな?

政府を見捨てて、自らの判断で国民を守る指示を出した。

 

というわけで、何が言いたかったかというと、

軽症化で済み、高齢者などの重症化する人と接触しなければ、免疫を持つため新型コロナにかかった方がいいのでは?と思ったということ。

 

とにかく、早く収束して欲しいわOo。ーy(ーー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください