1/25、正確には1/26。

日が変わって1時半頃に母親が「おなか痛い」と。

前にも同じようなことがあり、ほどなく落ち着いたのだが、今回は一時的におとなしくなるも3時になっても「おなか痛い」と。

 

トイレ行っても出ないし、本人も大では無いとのこと。

万一のこともあるので、夜間救急外来のある病院へ。

あまり評判良くないんだが、車で5分なんだよね。

車の中でも、病院で待ってる時も「まだ痛い?」と聞くと「痛いよ~」と。

 

病院は、そんなに待つこともなく、まずはCTを撮ることに。

ほどなくして出てきた母親が、何とも言えない表情。

 

撮影が終わった時に、廊下まで漏れ聞こえてきたやり取りで『何となくそうかな?』と思っていたので、「おなか痛いのは?」と聞いてみた。

 

すると「痛くない」

www

 

認知症になったばかりの頃にCT撮ったら「恐かった」と言ってたので、今回も撮影室から出てきた時に「大丈夫?恐かった?」と聞いてみた。

すると「ううん」と大丈夫だった様子。

 

それに何となく不思議な表情浮かべてたので、「おなか痛いのは?」と聞いてみたら治ってたというわけだ。

 

「大きな丸い筒をくぐったでしょ?くぐる前は痛かった?」

「痛かった」

「くぐった後は痛くなかったの?」

「うん」

 

おお!

CTは検査だけじゃなく治療もできる!なんてことは無いけど、何より治って良かった。

 

認知症の難しい点は、本人の意志を正確に確認できないところだな。

そのため相手の立場にできる限り立とうとする思いやりが必要。

俺も全然できていないけどf(^^;

 

撮影後、医師の診断でも「一部注意すべき点はあるけど、大丈夫」と言われホッとして帰りました。

その後、母親も痛く無かったし。

 

病院の人には何事も無いのに深夜に行って申し訳無かったけど、感謝です。

とはいえ、医師の対応はひどかったけどねw

深夜だから仕方ないとあきらめることにするw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください